「中川石材 創業120周年」

gorin.jpg

地元還元

地域への感謝その1.感謝の気持は100%中川石材製のお墓で

中国製品の高騰に中川石材もびっくり!! 本物の国産をどうぞ!!中国製より安いかも?なぜ安いって?自分ですべて作るからです。
昨年までの、金沢城河北門主任技術者謝恩セールに引き続き、南加賀地方に多い、「金沢型尺」、「小松型尺」の地域限定国産当社加工120周年謝恩販売を行います。

・120周年謝恩セール10万円のお気持(吾妻みかげを使用)
・冬場割引(9月~3月受注分まで)10万円の値引き(通常は消費税分ほどの値引きになります。)

期間地域限定謝恩特別販売!!
「小松型尺」(高さ約195cm)

見積り計算価格1,350,000円(税込み、本体のみ)-20万円で
字彫り込み(法名は別)、建て賃込み、簡単な基礎は込み。
東北の名石吾妻みかげ(宮城県内産出)を使用します。

小松方面在住の方で、
フルセット170万円前後のお墓をお考えの方にどうぞ。

syaku1komatsu.jpg
「小松型尺」

期間地域限定謝恩特別販売!!
「金沢型尺」(高さ約185cm)

見積り計算価格1,300,000円(税込み、本体のみ)-20万円で
字彫り込み(法名は別)、建て賃込み、簡単な基礎は込み。
東北の名石吾妻みかげ(宮城県内産出)を使用します。

金沢方面在住の方で、
フルセット160万円前後のお墓をお考えの方にどうぞ。

syaku1kanazawa.jpg
「金沢型尺」

吾妻みかげ

azumakomatsu1.jpg使用する「吾妻みかげ」は、一般的な普及価格帯国産墓石によく使われる茨城県産真壁みかげより、
材料代が10万円ほど高い、墓石に適した花崗岩になります。真壁みかげのように水を多く吸いません。
劣化も少ないようです。産出時期にもよりますが色は少し白いです。

但し、謝恩価格は地元限定になります。
自社から半径20Km程度以内の予定です。遠方の方はご相談ください。

また、墓所への運搬の便が良くない場合などは、別途経費を加算させて頂くことがあります。
特殊な加工の追加は別料金になります。
また、原石単価変更の場合は見積り計算価格も変化します。

右の写真
例)小松型尺(吾妻みかげ使用)/小松地方で標準的な大きさのお墓です。外柵は低価格中国材使用。

自家製吾妻みかげ金沢型八寸

kanazawa8sun.jpgその他に、国産のお墓を味わって頂くために、自家製吾妻みかげ金沢型八寸のお墓を
600,000円 字彫り込み(法名別) 建て賃込み(基礎別)にて販売しております。

地元対象です。遠方、または、墓所への運搬の便が良くない場合は、別途経費が加算されます。

お墓はネットでの販売はしませんので、まずはお電話ください。
【電話 0761-51-4602 中川石材
※ 高級墓石、超高級墓石も扱っております。よろしくお願いします!!

左の写真
例)金沢型八寸(吾妻みかげ使用)金沢のお寺や市街地では、標準的な大きさのお墓です。


吾妻みかげ(通称吾妻の中目)

吾妻みかげ(通称吾妻の中目)は宮城県の南、阿武隈川のほとり、県境近くの岩盤から採れる、一般的には青御影と呼ばれる 花崗岩の一つになります。すぐ近く、1キロ以内には、関東ではとても高価な墓石として販売される 東北の名石としても名高い 吾妻みかげの糠目や 磐梯みかげも採れます。この三つの山を採掘するのが、おそらく 国産墓石業者としては日本で一番大きい八巻石材工業株式会社になります。
石の特徴としては、他の高級墓石用の材料が寒色系(青っぽい)グレーなのに対して 少し暖色系のグレーになります。また、ボタと呼ばれる黒い雲母の結晶があったり、全体的少し色むらが出たりと、加工技術や その経験の無い石材業者には 加工の難しい材料になります。そのために少し安い材料として提供されます。
石そのものは、水もあまり吸わず 硬さも適度に硬く 加工も扱いやすく 劣化も少ない材料だと思います。今までに10基程は作ったと思いますが、劣化は見られません。ずっと綺麗なままです。
仕上がりは 少し白目かな?とは思いますが、白は膨張色なので 一回り大きな墓にも見え お客様には喜んで頂けます。
材質も、販売業者も、後々のことまで安心して頂ける材料だと思います。安心できる普及価格帯の国産墓石を作るには、とても良い材料だと思います。

注意:最近、真壁みかげを使った中国製のお墓を国産と言って売っている業者が多く見られます。国産とは生産国のことなので、違法行為になると思われます。石の加工に大切なのは、石の材質を見る目と、加工の経験です。同じ石種でも、材質や仕上げが大きく違うことを覚えておきましょう。材質や加工で、劣化の度合いが大きく変わります。(磨き具合が悪いと表面がすぐ劣化します。ピカピカ過ぎは危ない!!

産出業者 八巻石材工業株式会社